15年ぶりの『ENGLAND』を上質"女一人旅"~ 1.ロンドン・ヒースロー空港へ



久しぶりに海外に行けそうな雰囲気になってきました。
しかも、ヨーロッパに行けそう。

そして着地は、、、

いろいろな事情で、
冬のイギリスに行くことになりました。

実は、わたしにとってイギリスは
そんなに「そそられる」国ではありませんでした。

ヨーロッパならもっと他に、
イタリア・フランス・オーストリア・ベルギーなどなど、好きな国は多数。

でも、
今回は知人のサポートによって達成した「海外TRIP」なので、
わたしに選択権はありません。

なので、
プランニングを綿密にして、
とことん『ENGLAND』を満喫することにしました。





BOARD
(15年ぶりのイギリス JAL BOARD :上質"女一人旅")
お昼のJALの便で出発です。




15年ぶりの『ENGLAND』を上質"女一人旅"~ 2.ロンドン・ナイツブリッジのホテルへ




空港からロンドン中心部のホテルまでの移動も、
1人というのは「初」でしたが、
(15年前は‘ヨーロッパ1周ツアー’で、添乗員さんがいました)

ロンドンというところは 女性の一人旅でも まったくOKです。

おそらく今回の「空港→ホテル」は
最もリーズナブルでスムーズな移動がかなったのでは、と思います。

英語圏なのもとても有効ですし、
目的地が遠くて迷いそうなときでも、
インフォメーションカウンターやパンフレットなどが必ずあったりと、
ファシリティは万全♪


ロンドンは、海外での女一人旅にとってもおすすめです。




LONDON HEATHROW
ちょっと宇宙っぽい通路をしばらく行きます。
(15年ぶりのイギリス LONDON HEATHROW :上質"女一人旅")




BUS TERMINAL
ダブルデッカーの往来するターミナル。
空港からここまで、本当にけっこう歩きました。
でもエレベーターなどのツールは完備なので、スーツケースの移動も大丈夫でした。
(15年ぶりのイギリス BUS TERMINAL :上質"女一人旅")





15年ぶりの『ENGLAND』を上質"女一人旅"~ 3.ロンドン・CLAVERLEY HOTEL



空港バスと市内の路線バスを乗り継いで、
CLAVERLEY HOTEL へは夜の7時か8時くらいの到着となりました。


ハロッズの大通りを入ったすぐの小道で とてもわかりやすい立地です。

ここは昔からのタウンハウスが数件並ぶエリア。
建物前にはたくさんの車が停められています。パーキングになっているのでしょうか。

あたりはとっても静寂。


CLAVERLEY DOOR
(15年ぶりのイギリス CLAVERLEY DOOR :上質"女一人旅")


入り口のベルを鳴らすと、ロックが解かれ、すぐにフロントへ。

感じのよいお兄さん(この時間はほとんど1人だけみたい)が 部屋まで案内してくれました。

今夜から2泊は今まで経験のない「アウトバス」の、ディスカウントのお部屋です。

この頃はポンドがちょっと強めで、たいしたランクではないホテルでも高騰だったため
「イラっ」と来て、このお部屋に決めたのでした。

さすがに出発前に このアウトバスのお部屋までクローズアップされた情報は入手できず、
ちょっとチャレンジとなりました。


さて、大丈夫でしょうか。。。




15年ぶりの『ENGLAND』を上質"女一人旅"~ 5.ロンドン1日フリータイム




bfenter
ナイツブリッジ2回めの朝です。朝食ルームへ。
(15年ぶりのイギリス BUFFET ENTER :上質"女一人旅")



bf 2nd
まずはビュッフェからフルーツをたくさんいただきます。
(15年ぶりのイギリス BUFFET 2ND :上質"女一人旅")





15年ぶりの『ENGLAND』を上質"女一人旅"~ 6.ロンドン・オックスフォードCHICAGO&PEARL




bffruits
ナイツブリッジ3回めの朝です。今日はルビー色のグレープフルーツから。
(15年ぶりのイギリス BUFFET FRUITS :上質"女一人旅")



bfwindow
このブレックファストルームは半地下の高さにあり、今日は窓際のテーブル。
(15年ぶりのイギリス BUFFET WINDOW :上質"女一人旅")






Powered by Movable Type 3.31-ja Copyright(C) 2006 30代女性のための上質"女一人旅" Allrights reserved.